banner

テンプレート

合同会社などの会社設立に使えるテンプレート

株式会社にしろ合同会社にしろ、会社設立時には様々な役所などに多種多様な書類を提出する必要があります。そうした書類でたとえば定款の作成をする必要がありますが、そのひな形は概ね決まっているのでテンプレートなどを利用して作成することもできます。

ただし、こうしたテンプレートは無料で公表されているかどうかの確認は必要です。もし特定の人だけにしか公表しないあるいは使用時には事前に許可がいるにも関わらず使用すると、問題が発生する可能性が高くなります。この点をまずは確認の上で使用することになります。なお、ホームページなどで使用してもよいかどうかの使用条件を明示している場合が多くありますので、それらを確認の上で使用することが大切となります。また、もし不明な場合にはあらかじめ確認する必要があります。

こうして書式などのテンプレートを取得して会社設立に向けて行動していくことになりますが、その書類にどういった意味があるのかは特にすべてを自分でする場合にはよく把握してから届け出る必要があります。後日内容の訂正や説明を求められたとき答えられないようでは話になりません。

また、定款などはこうしたテンプレートが利用できますが、それをすべて利用すればよいというわけではなく、当然ながら自分の会社に関することですから必要な部分は自分たちの言葉に置き換える必要があります。このように置き換えた場合は特に注意が必要で表現やその言葉の使いまわしが認められない場合もありますので、よく確認することが大切です。

会社設立は設立するだけでも時間とお金がかかります。自分ですれば確かに費用は抑制できますがそれでも一定の支出は必要であることはよく認識しておく必要があります。また、設立した後にも届け出るべき場所がいくつかありますので、その点にも注意が必要です。特に国税である所得税の届け出や住民税などの地方税関係の届け出が必要ですから、最寄りの税務署や地方公共団体の税務の窓口にも会社設立の届け出を行うことを忘れずにすることが大切です。

このように会社設立に伴う各種の届け出は委任することができます。社会保険労務士や司法書士などに委任することができるので、万が一会社設立のことで困ったときには、会社設立関係手続きを専門で代行することができる資格を持つ人たちがいることについても知っておくと、いざというときに依頼して対応してもらうという方法が取れます。

Copyright(c)2014 株式会社、合同会社設立に向けてのお得情報満載ですAll Rights Reserved.